文字サイズ
ホーム > 観光情報 > 観る > 旧ダニエル・ノルマン邸

旧ダニエル・ノルマン邸

県宝の旧ダニエル・ノルマン邸は明治中期の洋風牧師館の思影を残しています。

写真

カナダ生まれの宣教師ダニエル・ノルマンさんは1902年、長野に着任。自ら設計したこの住居は、長野市石堂町にありました。ここに1934年まで、ダニエル・ノルマンさんが住んでいました。
この洋館は建築文化史の中で欧風の美、特に、「建物の調和と機能性で貴重な遺産」として保存のため、30年ほど前にここ飯綱高原に移築されました。
長野市内に残る数少ない洋風外国人住宅の一つといえましょう。

所在地 長野市上ヶ屋麓原2471-1123
ご利用時間 無料(見学は外部からのみ)
お問い合わせ 北野建設(TEL. 026-233-5111)
このページの先頭へ