飯綱高原ボランティアガイド 

[2016.6.4]

6月4日(土)大谷地湿原とレンゲツツジの観察会が行われました。

初めに協会会議室で植物をとりまく環境と植生について講義を受けそれから初夏の飯綱高原を大谷地湿原から、飯綱高原フォレストミュージアムまで散策をしてきました。

レンゲツツジはあいにく見頃をやや過ぎていましたが、ぐるりと1周する間に50種類ほどの草木の観察が出来ました。

大谷湿原入口 大谷地湿原入口

クルマムグラ クルマムグラ

車輪のように輪生する葉が特徴 白く小さな花をつけています。

ヤエムグラ ヤエムグラ

花は終わって実がなっています。クルマムグラに似ていますが、こちらの方が背が高くさわるとペタペタします。セーターなどにくっつくのでひっつき虫などと呼ばれることも。

フタリシズカ フタリシズカ

フタリシズカ

5月初旬にはヒトリシズカが咲いていましたが、今回はフタリシズカに出会えました。名前のように花穂が2本とは限らず3本、4本と付くものもあるようです。

クリンソウ クリンソウ

大谷地湿原の遊歩道の中ほどに咲いていました。1株だけでしたがどこからか種が飛んできたのでしょうか?ピンクの花の色が愛らしいです。

オオバセンキュウ セリ科シシウド属の花 同定が難しいです。

鮮やかな緑の葉と白い蕾が目を引きました。花火のような花ももう少しで開きそうです。

マルバフユイチゴ マルバフユイチゴ

マルバフユイチゴ

林内にポツポツと群生して咲いていました。バラ科キイチゴ属の花らしくかわいい姿ですが葉の裏や茎にとげがあります。赤くて甘酸っぱい実がなりますが、草食動物から身を守るためでしょうか?

フォレストミュージアム レンゲツツジ

レンゲツツジ

オレンジ色の鮮やかな花を咲かせます。美しい花ですが有毒植物ですので、花の蜜なども吸わないように気をつけてくださいね。

大谷地遊歩道 大谷地遊歩道

湿原の中に木が生えてきています。水の流れが変わったり、ヨシなどが枯れ積み重なり湿原が乾いてきているようです。元の湿原に戻すにはなかなか簡単ではないようでなにか対策が必要だという事です。

オオヨシキリがさえずる大谷地湿原からフォレストミュージアムは高低差があるのでゆっくり歩いても少し汗ばむ感じでした。ボランティアガイドの方のお話もなるほどと感心することが多くためになりました。機会がありましたら皆さんも参加してみてはいかがでしょうか?

次回は6月11日(土) 飯綱の歴史散歩・7月16日(土) 夏鳥や高原の植物観察会 の予定です。

お気軽にお電話(026‐239‐3185)くださいね。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

このページの先頭へ